あい
写真みたいなフォトブックだね

フォトブックママみか
ずばり、富士フイルムの写真タイプのフォトブックだよ。写真タイプというだけあって、写真なの

あい
写真なら、このフォトブックの画質は良さそうだね。

フォトブックママみか
うん。やっぱり画質という面では写真は画質がいいね。

 

富士フイルム写真タイプのフォトブック画質比較

 

富士フィルム写真タイプのフォトブックです。

富士フイルムは、印刷タイプのフォトブックと写真タイプのフォトブックがあります。印刷タイプのフォトブックの画質は普通ですが、やはり写真タイプは画質がいいですね。

ドットは、全然ありません。

暗めの写真も全然大丈夫です。

フォトブックの画質を比較するときに、写真と比べてどうかなと見るので、写真タイプのフォトブックは画質がいいなと思います。というか、写真と同じですね。

富士フイルム印刷タイプのフォトブック紙の品質比較

 

紙は、厚みがあります。写真を貼り付けて、本にしているので、どうしても印刷タイプのフォトブックとは違います。

厚みがある紙が好きか嫌いかで好みがわかれますね。

私は、本という感じがしなくなるので、あまり好きではないです。他のデメリットとしては、紙の厚みがあるので、ページ数の多いフォトブックは作れません。

富士フイルム写真タイプのフォトブック色味の比較

 

はっきりした色味ですね。色の濃さから言うと、濃い色のフォトブックです。

同じ銀塩のフォトブックのVivipriのフォトブックと比較してみました。

右側がVivipriのフォトブックで左側が富士フイルムの写真タイプのフォトブックです。Vivipriのフォトブックの方が全体的に薄いです。

Vivipriのフォトブックも単体で見ると、色味が濃いなと思っていましたが、富士フイルムの写真タイプのフォトブックと比較してみると、色味が薄く見えます。

ドリームラボで印刷されたフォトブックとも比較してみました。

右側がドリームラボで印刷されたフォトブックで左側が富士フイルムの写真タイプのフォトブックです。後ろ緑より黄緑に感じがします。色味としては、似た感じですが、ドリームラボで印刷されたフォトブックの方がテカテカした感じがしますね。光沢紙だから光っているのは仕方ないですが。

富士フイルム写真タイプのフォトブックの方が落ち着いた色味です。

最後に、富士フイルム印刷タイプのフォトブックとも比較してみました。

右側が富士フイルムの写真タイプのフォトブックで左側が富士フイルムの印刷タイプのフォトブックです。両方とも色味ははっきりしていますね。
色が濃い感じがします。でも、画質のきれいさは、圧倒的に写真タイプです。

画質にこだわりたくて、富士フイルムのフォトブックを選ぶ方は、写真タイプを選択することをおすすめします。

フォトブックの価格

ソフトカバー 145×145mm 16ページ 2,860円(税込)
送料 宅配便【直接手渡し】配送料は全国一律600円

 

おすすめの記事