あい
ママ、ビスタプリントのフォトブックは何がいいの?

フォトブックママみか
ビスタプリントのフォトブックは、フルフラットなとこがおすすめ

あい
何でフルフラットがいいの?

フォトブックママみか
真ん中もよく見えるから写真の配置が楽だよ

 

そうなのです。ビスタプリントのフォトブックで一番のおすすめポイントは、

フルフラット製本のフォトブック

をどこよりも安く作れる点です。

フルフラット製本とは、ページを開いたまま固定でき、見開きにまたがる写真配置もできる製本です。

フルフラット製本

 

普通のフォトブックは、中心がよく見えない製本になっています。

フルフラット製本のフォトブックは、中心がよく見えるます。

最近、フルフラットのフォトブックが人気になっています。

ビスタプリントのフォトブックは、人気のフルフラットフォトブックを安く作れるフォトブックサービスです。

ビスタプリントのフォトブックの価格です。

A4サイズ 2Ⅰcm×28cm 24ページ 3,980円

長方形  15cm×20cm 24ページ 2,980円

正方形  2Ⅰcm×21cm 24ページ 3,580円

正方形  30cm×30cm 24ページ 5,980円

 

ビスタプリントとカメラのキタムラ(フォト本レイフラット)との比較

 

・フォトブックの価格比較(フルフラット編)

同じ大きさ(15cm×20cm)が ビスタプリント 2,980円

カメラのキタムラ フォト本(レイフラット)3,500円

 

・フォトブック製本の比較

ビスタプリント ハードカバー

カメラのキタムラ ソフトカバー

ビスタプリントはハードカバーですが、フォト本(フルフラットフォトブック)の方はソフトカバーです。

これに関しては、どちらが好きか好みもあるので、一概にどちらがいいとは言えません。

でも、通常ならハードカバーのフォトブックとソフトカバーのフォトブックは、

ハードカバーのフォトブックの方が高いです。

ソフトカバーの方が経年劣化も激しいです。

私は、同じ価格ならハードカバーのフォトブックをおすすめします。

・フォトブックの画質

ビスタプリント

カメラのキタムラ

写真ではわかりにくいですが、カメラのキタムラのフォトブックのドットが粗いです。

500円安いのにハードカバーで高級感のある作りで、さらに画質もカメラのキタムラのフォト本よりいいです。

フォトブックの出来など総合的にみて、ビスタプリントのフォトブックは

かなり安いフォトブック

だということが言えます。

結婚式や七五三のような特別なシーンのフォトブックにも

子供の成長記録のフォトブックにもどちらにもおすすめなフォトブックです。

 

ビスタプリントの編集ソフト

 

さらに、編集ソフトが高機能でレイアウト自由なので、細かく作り込みたい人にもぴったりです。

こんなページも作れます。

このページは、私が作ったフォトブックです。

 

写真タイプのフォトブックとの比較

 

フルフラットのフォトブックは、最近のフォトブック界の流行りですね。

昔は、写真を貼り付ける写真タイプのフォトブックはフルフラットになっていて、印刷タイプは中心がみえにくい製本になっているのが常でした。

フルフラットのフォトブックにしたければ、写真タイプのフォトブックにしなければいけませんでした。

逆に、写真を貼り付けるタイプではフルフラットにしかフォトブックを作れないのです。

でも、写真タイプのフォトブックにも弱点があります。

写真を貼り付けているので、Ⅰページの厚みがありすぎます。

ページ数が多いフォトブックになると、厚みがありすぎて重いフォトブックになってしまいます。

最大ページ数も40~50ページくらいのフォトブックが多いです。

 

 

その点、ビスタプリントは、最大ページ数が120ページまでのフォトブックを作ることができます。

印刷タイプでありながら、製本はフルフラット。

新しいフォトブックの流れですね。

安くフルフラットのフォトブックを作りたい方は、

是非、ビスタプリント
でフォトブックを作ってくださいね。

おすすめの記事