写真整理

写真整理のためのフォトブック

写真整理におすすめな3つのフォトブックを紹介します。

オートアルバム、フエルフォトブック、アルバスの3つのフォトブックです。

フォトブックを作りたいけど、その前に写真整理ができてないっていう人
非常に多いです。

フォトブックを作るのに一番大変なのが写真の整理整頓です。

写真の整理:いらない写真を捨てる

写真の整頓:必要な写真がどこにあるかわかるようにする

 

簡単なようで、非常に難しい写真の整理整頓。

写真の整理整頓ができれば、フォトブックは出来上がったも同然です。

どの写真がどこにあるかわかれば、フォトブックを作るのは、簡単なのです。

あとは、写真を配置するだけですから。

でも、悲しいかなこのデジタルデータの時代に生まれた私達は、写真データに埋もれてます。

昔は、よかったですね。

フィルムで写真を撮る時は、一枚一枚にお金がかかるので、やたらシャッターを押しません。

フィルムの枚数が終われば、現像に出します。

まれに、現像にだしたまま写真をアルバムに貼らないでためてしまう人もいますが、今と比較すると枚数が全然違うのです。

ちなみに、写真をアルバムに貼らないでためていた人とは私のことです。(笑)

 

そうなのです。

私は、基本的には、写真の整理整頓ができない人間です。

写真だけでは、ないです。

普通の生活でも整理整頓ができない。

何でもためこんでしまう。片付けも苦手。

全くキチンとしていない。むしろ、片付けられない女です。

今、このブログを読んでいる方の9割の人は、私よりキチンとして片付けができる方だと思います。

では、なぜ写真の整理整頓だけはできているか?!

これは、ひとえにフォトブックのおかげです。

何だかすごい売り文句ですね。

フォトブックの叩き売りができそう。

でも、本当なのです。

 

本当にフォトブックのおかげです。
フォトブックで写真の整理整頓ができます。

では、どうやってフォトブックで写真の整理整頓ができるのか?

写真の整理整頓におすすめなフォトブックがあるのです。

オートアルバム

 

1つ目のフォトブックは、オートアルバムです。

このオートアルバムは、写真を選んでサイトでアップロードすると自動的にアルバムを作ってくれます。

写真が配置されて、日付も入れることができます。

 

写真をプリントして、アルバムへ入れる
という作業がなくてすみます。

しかも、本になっているから収納も楽です。

中身なこんな感じです。

1ページに8枚配置

1ページに4枚配置

写真の整理整頓したい方。このオートアルバムを一年に一冊作りましょう。
家族で一冊でいいです。
私は、オートアルバムも兄弟でわけていましたが、これは失敗でした。
面倒だし、写真がかぶります。

2014年の写真が一冊、2013年の写真が一冊、・・・、以下省略。こんな感じでフォトブックを作っていきます。

オートアルバムは、最大で100ページあります。
一番小さい写真の配置は、1ページ16枚です。
最大で1600枚の写真が一冊にまとまります。

一年の写真が1600枚以上ある方は、写真を減らして下さい。
1600枚以下でもお金を節約したい人は、ページ数を押さえるために写真を減らして下さい。
また、1ページの写真を少なくして、大きな写真にしたい方も写真を減らして下さい。

 

あとは、一年で一冊を作った写真データを写真の年の名前をつけたフォルダに保存して下さい。
余裕があれば、年のフォルダの中に、月でフォルダわけして下さい。

このオートアルバムを作ることにより、写真が何年に撮られたかがわかります。
そのフォルダを見れば、写真があります。
どの写真がどこにあるかわかるのです。

つまり、写真の整頓ができます。

 

しかも、写真が多くて、枚数を調整した方は、いらない写真を捨てることができました。

つまり、写真の整理ができました。

オートアルバム自体が写真の整理整頓ツールです。
オートアルバムは、オプションで印刷した写真データをDVDにして、アルバムにつけてくれます。

写真のバックアップにもなります。パソコンで写真を管理してる方におすすめなフォトブックです。

フエルフォトブックのポケットフォトブック

 

2つ目のフォトブックは、フエルフォトブックのポケットフォトブックです。

フエルアルバムでお馴染みのナカバヤシが作っているフォトブックです。
ポケットフォトブックは、オートアルバムにとても似ているフォトブックです。

写真を選んでサイトでアップロードすると自動的にアルバムを作ってくれます。
写真が配置されて、日付も入れることができます。

ここまでは、一緒です。
違いは、オートアルバムが1冊の本になっているのと違って、ポケットフォトブックはシート単位になっています。

バインダーにシートを入れていくのです。

これは、写真整理をする頻度によって、どちらのフォトブックを使ったらいいかが変わってきます。

1年に1回写真整理をしたい方 → オートアルバム
3,4か月に1回写真整理をしたい方 → ポケットフォトブック
がおすすめになります。

 

写真を選択して、フォトブックにする作業。フォトブックにしてから写真整理をする作業。これは、オートアルバムと同じです。

オートアルバムと大きく違う点は、
・1ページに何枚写真を配置するかは選べない。(1ページ8枚)
・パソコンだけでなく、スマホのアプリからもフォトブックを使える。
です。

スマホでも写真を撮り、一眼レフやデジカメでも写真を撮るような方におすすめなフォトブックです。

アルバス

 

3つ目のフォトブックは、アルバス - ましかく写真プリントです。

アルバスは、スマホのアプリです。
1か月に1回8枚まで無料で写真をプリントできます。送料が200円かかるので、無料というより実質200円で8枚のプリントですね。

フォトブックというより、アルバムですね。専用アルバムに写真を差し込んでいきます。

アルバスのおすすめな点は、1か月に1回という制限があることです。逆に言うと、1か月に1回写真整理をしなくてはいけない。

毎月、撮った写真を見返して、お気に入りの8枚を決めるのです。

これは、とても大事なことです。

写真整理がたまらないのが、おすすめポイントです。アルバスは、スマホのアプリからのみの注文になります。スマホで写真を撮る方におすすめのフォトブックです。

写真整理のためのフォトブック価格比較

 

オートアルバム A4サイズ ハードカバー  100 ページ 1ページ8枚 6,253 円(写真800枚)
ポケットフォトブック バインダー 布表紙 1ページ8枚 100ページ(50シート)6,783 円(写真800枚)
アルバス 1か月12枚注文 1年(12回注文分) アルバム本体、リフィル2枚 6,297 円(写真144枚)

送料、税込みの価格になります。

ポケットフォトブックは、1,000円以上で注文すると送料無料なので、上手に送料無料で注文した時の価格です。

アルバスの台紙追加(リフィル)は10枚単位でしか購入できませんが、今回の価格比較では2枚分だけ計上しています。

価格を比較してみましたが、とても似たような価格だなと思います。
ポケットフォトブックだけ少し高いですが、よくキャンペーンをやっているのでキャンペーンを利用すると同じくらいの価格になります。

価格差は、あまり考えなくてよさそうです。同じくらいの価格です。アルバスだけ写真の真枚数は少ないですが、サービス形態が違うので仕方ないです。

まずは、アプリをダウンロードしたり、サイトにアクセスして使ってみてくださいね。

写真整理のフォトブックは、続けれるのが一番ですよ。

以上、写真整理におすすめな3つのフォトブックの紹介です。

写真の整理整頓ができていないと思う方は、まずここから始めることをおすすめします。写真の整理整頓ができてから、いろいろなレイアウトでお気に入りのフォトブックを作って下さい。

 

写真整理のためのフォトブックで十分と思う方もたくさんいらっしゃると思います。

はい、十分だと思います。

でも、さらにいろんなレイアウトでフォトブックを作りたいなと思われる方。

写真整理のためのの写真を見ながら、お気に入りのフォトブックを作って下さい。

写真の整理整頓ができていれば、あとは配置だけ。すごく楽です。

子供の成長記録のフォトブックの作り方

・一年間の写真を整理整頓のためにざっくりと写真を選別して、フォトブックにする。
・写真整理のためのフォトブックを見ながら、お気に入りの写真をフォトブックにする。

この二冊を作ると、フォトブック作りが楽しくなると思います。

一冊でも大変なのに、二冊も作るのと思われるかもしれません。

でも、何もないところからお気に入りのフォトブックを作ろうとするより遥かに楽です。

まずは、写真整理のためのフォトブックを作ってみて下さい。

これで、写真の整理整頓は完璧です。