おすすめ年賀状印刷比較2019!写真年賀状おすすめランキング

2019年の年賀状印刷(写真入年賀状)おすすめランキング

フォトブックを270冊以上作ったフォトブックママみかによる写真入り年賀状比較/ランキングです。

フォトブックも写真入り年賀状も写真の印刷なので、基本は一緒です。フォトブック比較歴12年、写真年賀状比較歴8年。

ランキングの中の()の中の価格は、はがき代も込です。印刷タイプと写真タイプの違いはランキングの下で詳しく説明しています。

ネットスクエアの年賀状

スマホからアプリインストールなしで年賀状の注文可!
・年賀状の価格が安い
・アプリをダウンロードしないので、簡単に注文ができて、お手軽

写真タイプ

50枚 2,901円(6,001円) 100枚 4,395円(10,595円)

印刷タイプ
 50枚 1,978円(5,078円) 100枚 2,594円(8,794円)
10/17まで63%OFF
()の中が年賀状はがき代込の価格です。

しまうまプリントの年賀状

宛名印刷無料!
・スマホアプリは、しまうま年賀状2019
・フォトブックを注文すると割引券あり

写真タイプ

50枚 3,899円(6,999円) 100枚 5,659円(11,859円)

印刷タイプ
50枚 3,035円(6,135円) 100枚 3,931円(10,131円)
10/29まで60%OFF

マイアルバムの年賀状

キャラクター年賀状も価格が一緒!
・ワンピースや妖怪ウォッチなどのキャラクターの年賀状も同じ価格
・早期割引が長くて安い

年賀状サービス開始前

写真タイプ

2,440円(5,540円) 100枚 3,890円(10,090円)

印刷タイプの写真入り年賀状なし
()の中が年賀状はがき代込の価格です。

RAKUPOの年賀状

ラグポ(RAKUPO)の年賀状印刷画像比較用
年賀状の価格が57円!
・デザインもおしゃれ
・早割60%でなかなか安い

写真タイプ

50枚 3,880円(6,730円) 100枚 6,280円(11,980円)

印刷タイプ
50枚 2,560円(5,410円) 100枚 3,520円(9,220円)
10/31まで60%OFF

年賀状の印刷は、おうちのプリンタで印刷するより、年賀状会社へ注文した方が楽です。価格もそれほどかわらないです。プリンタは、インク代が高いですからね。

年賀状印刷会社は、可愛いテンプレートも多いので、無料デザインを探す手間、年賀状を印刷する手間を考えると、おうちプリントには戻れません。

印刷タイプと写真タイプとは?

 

年賀状印刷をどこで注文しようかなと比較するする時に一番大事になるのは、この印刷タイプか写真タイプかです。

簡単に説明すると、

・写真を写真印画紙に印刷して年賀状はがきに貼り付けた

→ 写真タイプ

・年賀状はがきに直接レザープリンタで印刷した

→ 印刷タイプ

 

皆さんも今年届いた写真入り年賀状を見てください。写真を貼り付けたような年賀状が1枚は届いていると思います。

 

昔は、写真貼り付けの年賀状というと富士フィルムのディズニーのイラスト入りの年賀状のイメージがあります。今は、ネットで安く写真貼り付け年賀状を注文できるようになりました。

 

印刷タイプの年賀状は、ぱっと見はお家で印刷した年賀状とあまりかわらないと思います。レーザープリンタで印刷されているかインクジェットプリンタで印刷されているかの違いです。

白枠がある人は、年賀状印刷を頼んだ人である可能性が高いです。インクジェットプリンタでも白枠で年賀状印刷する人はいるので、絶対とは言えません。印刷のきれいさは、さほど変わらないと思います。

写真タイプ、印刷タイプと呼んでいますが、実はフォトブックと同じで各年賀状印刷会社で言葉も統一されていません。写真タイプではなく、印画紙タイプとか。印刷タイプではなく、普通タイプとか表示されている年賀状印刷会社もあります。

わかりにくいので、言葉を統一してほしいですね。

年賀状タイプと印刷タイプのメリット・デメリット

 

どちらを選択してもメリット・デメリットがあります。

実は、この選択を私はけっこう悩みます。ここ8年くらい年賀状印刷をネットで頼んでいますが、写真タイプを選択した年と印刷タイプを選択した年があります。割合は、5対3くらいです。けっこう競っています。

なぜ悩んでしまうか。それをメリット・デメリットで説明します。

年賀状印刷 写真タイプ

メリット
・写真の画質がきれい

→ これは、圧倒的に写真タイプの方がきれいです。写真と年賀状の直接印刷ですから。

写真タイプのフォトブックと数百円の安いフォトブックくらい違います。

写真タイプの年賀状のメリットは、写真画質のきれいさだけですね。これが、唯一だけど、とっても大きなメリットです。

 

デメリット

・宛名印刷が自宅のプリンタでできない

→ 写真が貼り付けてあるので、当然紙の厚みがあります。あれだけ厚みのある紙は印刷できないプリンタが多い。絶対できないとは言いませんができないと思っていた方がいいです。

・年賀状印刷の価格が高い

→ 写真を貼り付けているので、画質はきれいですが、どうしても価格は高くなります。

 

年賀状印刷 印刷タイプ

メリット

・年賀状印刷の価格が安い

→印刷タイプですと、おうちプリントより安いくらいです。年賀状の印刷だけでインクがなくなる時もあります。インク代くらいの価格で業者に印刷が出せます。

・宛名印刷が自宅のプリンタでできる

→印刷タイプは、年賀状に直接印刷してあります。宛名印刷も自宅のプリンタでできます。

 

デメリット

・写真と比較すると、画質がよくない

→ 写真ではないので、写真の画質を求めるとちょっと違うなと思われると思います。

 

おうちプリントと年賀状業者印刷はどちらがお得?

 

年賀状印刷を自宅のプリンターで行うのと、年賀状印刷業者へ頼むのとコスト的にどちらがお得になるか比較してみます。

おうちプリント

いろんなプリンターがありますが、お手頃価格のプリンターキヤノンのPIXUS(ピクサス)TS3130Sで比較します。

2018年10月現在 8,525円〜8,684円くらいで販売されています。

キヤノンのホームページを見ると、こちらのプリンタのコストは以下のとおりです。

L判フチなし

インク・用紙合計コスト BC-345使用時 約28.1円です。

用紙代金が400枚で1705円の用紙です。1705円÷400枚=4.26円

28.1-4.26=23.84円なので、インク代だけ考えると、23.84円くらいになります。

年賀状100枚で23.84円×100枚=2384円です。

 

ただ、この値は、たくさん印刷した時の1枚あたりのコストだと思われます。年賀状印刷くらいしかプリンターを使っていないとなると、コスパが悪くなります。

BC-345がアマゾンで1本1600円で販売されています。4本で6400円。あれ、毎年年賀状印刷の時にインクを買ってるなぁなんて心当たりのあるかたは、年賀状印刷代に6400円かけているかもしれませんよ。

年賀状印刷 印刷タイプ

ネットスクエア

2018年10月17日までの価格にて比較

年賀状印刷 100枚 印刷代 2,594円

 

100枚だと2,594円ー2384円=210円年賀状印刷を業者へ注文した方が高いです。

ただ、プリンタのコスト値はたくさん印刷した時の価格なので、210円くらいの差であれば年賀状印刷の方が安いと思います。

また、おうちプリントで、年賀状印刷する時の人件費は考慮されていません。

どのデザインにしようと、無料デザインを検索して選んだり、

年賀状をセットして、どっち向きの印刷だったとテストしたり

年賀状印刷中に紙が詰まったり

こんな手間がかかることを考えると、年賀状印刷業者に注文した方が安いです。

 

年賀状印刷を始めてもう8年

 

フォトブックブック同様、年賀状も大好きです。
うさぎ年から年賀状印刷をネットでしているので、もう8年ネットプリントしてます。

1年にいろんな年賀状を作った年もありました。私の作った年賀状の一部です。

年賀状のことならおまかせください。

年賀状の比較は、フォトブックの比較と比べると簡単です。

ポイントは3つ。

1.写真タイプの年賀状にするか印刷タイプの年賀状にするか決める

2.年賀状プリントの予算を決める

3.デザインの好みを決める

 

フォトブックと違って、あまり作り方や仕上がりに差がないです。デザインが気に入れば、あとは価格勝負です!